薄毛対策

つむじハゲの見分け方!つむじが薄い場合はこうチェック&対策をしよう!

投稿日:

【見分け方】つむじハゲを見分ける簡単な方法を紹介

つむじハゲとそうでない人の写真を用意してみました。

下の2つの写真は、片方はつむじハゲですが、もう片方はつむじハゲではありません。どちらがつむじハゲなのか分かるでしょうか。

写真1:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9829974.html
写真2:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8784117.html

見る人によっては、どちらもつむじハゲだと思う人や、どちらもつむじハゲではないと思う人もいるかもしれません。

ですが、写真をよく見比べてみると、つむじ周辺の地肌の見え方が違っているのが分かると思います。この違いが、つむじハゲを見分ける重要なポイントです。

つむじハゲを見分ける方法は、「つむじ周辺の地肌が見えているか」。

つむじ周辺の広い範囲で地肌が見えているようなら要注意です。

つむじ部分の地肌が見えるのは当たり前なので問題ないのですが、その周りの地肌が見えるようだとつむじハゲの可能性が高いです。

つむじハゲは簡単に見分けることができるので、気になる人は試しに頭頂部をカメラで撮影してみてください。

見た目の変化が出る前に、つむじハゲを見分ける方法

つむじハゲになると、つむじ周辺の地肌が見えてしまうのはもちろん、髪にハリやコシがなくなり頭頂部のボリュームが減るという影響がでます。

このような見た目の変化があらわれれば、つむじハゲを見分けることは簡単です。しかし、こうなってしまったら、もう手遅れという可能性も……。

実は、つむじハゲにはもう一つの見分け方があります。この見分け方なら、見た目の変化があらわれる前に、つむじハゲを見つけることが可能です。

つむじハゲを見分けるもう一つの方法は、「つむじ周辺のフケやかゆみが増えたか」。

つむじハゲの人は、乾燥や炎症を起こしやすく、皮脂やフケが多くなる傾向があります。つむじ部分のフケやかゆみが増えたという人は要注意です。

「最近フケが増えてきた」「頭皮のかゆみが気になる」という人は、もしかしたらつむじハゲ予備軍かもしれません。

このような症状は、つむじハゲ以外の薄毛を引き起こす原因にもなるので、なるべく早めにチェックしておきましょう。

【対策方法】つむじハゲに気づいたらすぐに始めたいこと

つむじハゲを放置していると、あっという間に進行してしまうので、早めの対策が大切です。

つむじハゲをなんとかしたいなら、腰を据えて対策しなくてはいけません。

つむじハゲの対策として、効果的なのがこの3つ。

  1. 育毛剤
  2. 発毛剤
  3. 植毛

つむじハゲになったら育毛剤を使おう

つむじハゲに気づいたときに、私が一番おすすめする対策方法は育毛剤です。

育毛剤は、髪の成長を助けて、抜け毛を予防したりフケやかゆみを抑えたりする効果があります。

つむじハゲが目立ってしまう原因の一つは、髪が細くなってしまうことなので、育毛剤で髪を長く太くすることがとても効果的ですね。

育毛剤は安全性が高く、副作用のリスクが発毛剤より低いので、つむじハゲになったばかりの人には特におすすめします。

20代におすすめの育毛剤・発毛剤ランキング@20代はAGAの人は少ない?

「20代で薄毛になる理由は何?」 「20代用の育毛剤ってあるの?」 20代の方にとって育毛剤は初めてのこと。何から調べれば良いのか分からないという人もいると思います。 そこで、ネット通販やドラッグスト ...

発毛剤(医薬品)も選択肢の一つ

育毛剤の効果は髪を育てることですが、発毛剤の効果は髪を生やすことです。

医学的にも髪を生やす効果が認められており、医薬品としてクリニックでも取り扱われています。薄毛治療といえば、発毛剤を使用した治療方法が一般的ですね。

ただし、発毛剤は育毛剤よりも強い作用を持つため、副作用のリスクも高めとなっています。購入する際には、薬剤師や医師から説明を受けるので、しっかり聞いておきましょう。

つむじハゲは、髪がなくなっている訳ではないので、発毛剤を使わなくてもよい場合が多いです。髪が細くなっているタイプなら育毛剤で十分対策することができます。

つむじハゲが進行し、頭頂部が全体的に薄くなるてっぺんハゲになったときに、発毛剤の力を借りるというのがおすすめです。

植毛をするのはまだ早い

つむじハゲを改善する方法として、植毛という手段もあります。髪がたくさん生えている後頭部から毛根を採取し、髪が無い部分に植えるという方法です。

個人的には、おすすめしません。

植毛はどちらかというと、M字ハゲのときに効果的な方法です。つむじハゲは、髪が無いのではなく細くなっていることが原因なので、植毛する必要はほとんどありません。

費用もかなり高く、植毛後のケアも大変なので、つむじハゲくらいならしない方が良いと思います。

まだ大丈夫という人もつむじハゲの予防は早めがおすすめ

つむじハゲのチェックをしてみて、大丈夫だった人というもまだ安心できません。今はまだ、つむじハゲになっていない人も、将来つむじハゲになってしまうリスクはあります。

つむじハゲは、年齢とともに発症リスクが増加。頭皮の状態や生活習慣によっては、若い人でも、つむじハゲになる可能性があります。

つむじハゲになりたくないなら、早めに予防を始めるのがおすすめです。

そして、つむじハゲを効果的に予防したいなら、つむじハゲの原因に合わせた予防が必要となるので、しっかり確認しておきましょう。

つむじハゲのリスクを増やす主な原因はこの2つ。

  • AGA(男性ホルモンの影響)
  • 普段の生活習慣に問題がある

つむじハゲの原因別に、最適な対策方法を紹介したいと思います。

【つむじハゲの予防法1】AGA(男性型脱毛症)の場合

つむじハゲになってしまう一番の原因は、AGA(男性型脱毛症)です。

AGAは年齢とともに増えてくる症状で、つむじハゲだけではなく、生え際のM字ハゲも引き起こしてしまいます。

AGAは、男性ホルモンがDHTに変換されることで起こります。この変換はつむじ付近で活発に行われるので、つむじハゲが起こりやすいと考えられています。

AGAになりやすいのは30代を過ぎてからですが、稀に20代でもAGAになってしまう人もいます。今は大丈夫だと思っても、油断しないようにしましょう。

AGAによるつむじハゲを予防するには、次の3つの方法が一般的です。

  1. 育毛剤を使用する
  2. シャンプーで頭皮を洗う
  3. 頭皮マッサージをする

1.育毛剤を使用する

つむじハゲになる前の予防としても、育毛剤は活躍します。つむじハゲになってからでは改善に時間がかかるので、なる前からの予防も考えてみましょう。

育毛剤の効果は3つあります。

  • 育毛(健康的な毛髪を育てる)
  • 発毛促進(髪の成長機能を高める)
  • フケかゆみ予防
  • 抜け毛予防

つむじハゲになってしまうと、髪が細くなってしまいます。そこで大切なのが、髪を育てて太くすることです。

そのためには育毛剤を使うのが一番効果的ですね。育毛剤の育毛効果と発毛促進効果で、髪を長く太くすることで、つむじ周辺の地肌を隠すことが可能です。

また、つむじハゲによる頭皮の異常も、育毛剤を使うことで改善することができます。フケやかゆみに悩んでいる場合も育毛剤が効果的です。

とは言っても、育毛剤はたくさん種類があり、どの育毛剤を使えば良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、つむじハゲの人に試してもらいたい育毛剤「イクオス」を紹介したいと思います。

イクオスはつむじハゲにピッタリの育毛剤

イクオスの特長、成分がとてもたくさん入っていること。育毛剤業界ではおそらくNO.1なのではないでしょうか。

血行促進、抜け毛予防、AGA対策、栄養補給など、つむじハゲ対策に必要な成分は、イクオスだけでカバーすることができます。

特に注目なのは、M-034を改良したアルガス-2という成分。M-034を改良したことで、M-034以上の育毛効果があるとして大注目されています。

イクオスはどちらかというと後発の育毛剤なのですが、成分的にはチャップアップの改良版的存在ですね。イクオスはチャップアップを超える成分ラインナップとなっています。

イクオスの知られざるメリット

実は、イクオスとチャップアップは製造会社が同じす(販売会社は違う)。

チャップアップで培った品質管理のノウハウを生かして作られているので、イクオスも安心して使うことができます。

しかも、イクオスはチャップアップより安いというのも特長の一つ。成分が良いのに、価格は安いというコスパの高さは、とても魅力的ですね。

イクオスと一緒に使いたいのが、イクオスサプリEXです。リニューアルにより成分数を増強し、配合量を公開したことで安心して使えるサプリになりました。

2.シャンプーで頭皮を洗う

シャンプーで頭皮を洗うことは、抜け毛を防ぐ上でとても大切なことです。毛穴が皮脂で詰まっていると、雑菌が繁殖してフケやかゆみを引き起こす原因となってしまいます。

また、育毛剤の浸透を助けるという面でもシャンプーは大切です。育毛剤は、頭皮表面だけではなく、毛穴からも浸透して毛根に成分を届けます。

毛穴の汚れを放置していると、育毛剤の効果も落ちるので、しっかりシャンプーでよごれを洗い落とさなくてはいけません。

シャンプーするときに気をつけること

毎日シャンプーで頭を洗っているという人でも、しっかり洗えていない人も多いので、気をつけるポイントをおさらいしておきましょう。

  • シャンプーの前にお湯でよく洗う
  • 髪ではなく頭皮を念入りに洗う
  • 爪を立てずに指の腹で優しく洗う
  • すすぎは時間をかけてしっかり行う
  • シャンプー後はドライヤーで乾かす

一番注意したいのは、爪を立てずに指の腹で優しく洗うことです。強く洗いすぎると、頭皮環境が悪化し、抜け毛が増える原因になってしまいます。

つむじ部分は、荒れやすい部分なので、汚れを落とすためとはいえ力を入れすぎないように気をつけましょう。

シャンプー後に濡れたままにすると、雑菌が繁殖しやすくなります。生乾きの嫌な臭いとまではいきませんが、衛生的にも良くないでのしっかり乾かすのがおすすめです。

3.頭皮マッサージをする

AGAは、DHTによって髪の成長が止まってしまうことで引き起こされます。少しでも髪に元気を与えるために、頭皮マッサージをすることが効果的です。

髪の成長には、血液で運ばれてくる栄養が必要不可欠。つむじハゲになると、頭皮が固くなったり血流が悪くなったりして、栄養が不足しがちになります。

頭皮マッサージには血行促進効果があるため、滞りがちになった血流がよくなり、髪に栄養素をしっかり供給すうることができるようになります。

育毛剤を使用した後には、育毛剤の成分をよく染み込ませ、髪に栄養を供給できるように、頭皮マッサージをしましょう。

【つむじハゲの予防法2】生活習慣の乱れが影響する場合

生活習慣の乱れは健康に悪影響を与えますが、それだけではなく、つむじハゲをも引き起こす原因になってしまいます。

普段の生活すべてを見直すことは大変ですが、これだけは必ず押さえておきたいというポイントが4つあります。

この4つのポイントにさえ気をつければ、つむじハゲのリスクを減らせるので、つむじハゲになりたくないなら、できる限り努力しましょう。

  1. 栄養バランスのよい食事
  2. 十分な睡眠時間をとる
  3. タバコを吸いすぎない
  4. ストレスを蓄積しない

それぞれ、つむじハゲにどのように影響するのか、そしてどのような対策をすればいいのか、詳しく紹介していきたいと思います。

1.栄養バランスのよい食事

髪を育てるためには、髪が成長するために必要な栄養素を取らなくてはいけません。不足する栄養素があると、髪が細くなりつむじハゲになる可能性が高くなります。

1日だけ栄養バランスを良くしても、髪は太くならないので、毎日正しい食事を続けることが大切です。

髪を成長させるのに大切な成分は、アミノ酸と亜鉛とビタミン類。好きなものばかり食べていると、栄養素が偏ってしまうので、健康志向で幅広い食材の食事を心がけましょう。

また、栄養素の不足だけではなく、脂質などの取りすぎにも注意。頭皮の皮脂が増えることで、脂漏性皮膚炎などにより頭皮環境が悪化してしまうリスクがあります。

普段の食事にあまり気を使っていない人は、一度食事を見直すことをおすすめします。

2.十分な睡眠時間をとる

髪が、睡眠中に最も成長します。睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、髪が成長する機会を奪うことになり、つむじハゲを進行させてしまいます。

つむじハゲを予防するために、睡眠時間と睡眠の質の両方に気をつけましょう。

布団でスマホを見たり、寝る前にお酒やコーヒーを飲んだり、夜更かしして睡眠時間が短くなったりということを避けて、規則正しい生活リズムを守ることが大切です。

3.タバコを吸いすぎない

タバコはあまり健康に良くないということは、誰もが知っていることだと思います。タバコの影響は健康だけではなく、つむじハゲのリスクも高めるので控えなくてはいけません。

タバコの煙にはニコチンという成分が含まれており、毛細血管を収縮させ血行を悪くする働きがあります。

頭皮は毛細血管が非常にたくさん集まっている場所なので、タバコが持つ毛細血管収縮作用は、髪の成長に大打撃を与えてしまいます。

頭皮の血行が悪くなると、髪に届く栄養が不足したり、細胞の働きが鈍ったりして、つむじハゲのリスクが大幅に増加。最悪の結果を招くことも考えられます。

つむじハゲを本気で予防するなら、タバコは控えましょう。

4.ストレスを蓄積しない

ストレスというのは、思いのほか髪への影響が大きいです。

ストレスの蓄積によって、つむじハゲになる理由は2つ。

  • 血流の悪化
  • ホルモンバランスの乱れ

ストレスを蓄積すると、血行不良や免疫力の低下などを引き起こし、髪の成長が阻害されたり頭皮環境の悪化を招いたりします。

これまでの説明してきたとおり、血行不良はつむじハゲになる大きな原因の一つです。また、免疫力の低下によってフケやかゆみが発生すると抜け毛が増加してしまいます。

つむじハゲの予防をするには、ストレスとも戦わなくてはいけません。

ストレス解消法としては、軽い運動で汗を流したり、好きな音楽を聞いたり、好きな食べ物を食べたり、好きな人と一緒に過ごしたり、といったことがおすすめです。

髪型を変えればつむじハゲを目立たなくさせることが可能

つむじハゲにならないための対策方法や予防法は、即効性がないため、すぐになんとかしたいという人には向いていない方法かもしれません。

つむじハゲにならないためには、これまで紹介してきたような地道な方法が一番良いのですが、もっと即効性がある方法もあります。

つむじハゲにすぐ対処する方法は、髪型で隠す方法です。

つむじハゲが目立たない髪型をすれば、とりあえずは周りの目を気にする必要がなくなります。それから、育毛剤などでじっくりと改善を目指せば大丈夫です。

おすすめの髪型は、ソフトモヒカンや軽いパーマ。

サイドを押さえつつトップにボリュームを持たせたり、軽くパーマをかけたりすることで、つむじ周辺の地肌を見えにくくすることができます。

つむじハゲを見分けて対策が必要なら早めに始めましょう

「つむじハゲかも?」と思ったら、すぐにチェック!

つむじハゲになると、髪が細くなり広い範囲で地肌が見えてくるので、簡単に見分けることができます。

まだ、つむじハゲになっていない人も、フケやかゆみといった頭皮の状態で、つむじハゲになりかけているのかを知ることも可能です。

つむじハゲの兆候を感じたら、なるべく早めに対処しましょう!

つむじハゲの対策をすれば、つむじハゲだけじゃなく、その他の薄毛予防にもなりますし、健康的な髪や体を作ることもできるなど、メリットが盛りだくさんです!

-薄毛対策

Copyright© 20代におすすめの育毛剤・発毛剤ランキング@20代はAGAの人は少ない? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.